構造の一部を変化させて新しいおもちゃを作り出す方法

ブリコラージュによる物作りは、その場にあった、あり合わせの道具や材料を組み合わせて手作りします。

トイレットペーパーの芯のクワガタのおもちゃ

廃材を使って「トイレットペーパーの芯のクワガタ」を作ろうとした時に、材料や道具が揃わなければ、それが作れないということはありません。

お菓子の箱で作ったクワガタのおもちゃ

トイレットペーパーの芯が無ければ、お菓子の空き箱や、ダンボールを使っておもちゃを作ることが出来ます。

段ボールの箱で作ったクワガタのおもちゃ

おもちゃの構造は同じものですが、構造の一部を(今回は材料を)変化させることで、違うおもちゃが出来上がります。

変化を繰り返すことにより、多様なおもちゃが生まれ、豊かな文化の世界が広がります。

参考リンク

トイレットペーパーの芯のクワガタの作り方

トイレットペーパーの芯のクワガタの作り方
トイレットペーパーの芯を材料に、クワガタムシのおもちゃを作ります。からくりでハサミ(顎)が動きます。動画で作るところを見る。用意する物トイレットペーパーの芯、油性マジック、ハサミ、ホッチキス、お菓子の箱(厚紙)。クワガタのおもち...

ブリコラージュとエンジニアリング

ブリコラージュとエンジニアリング
レヴィ=ストロースの著書「野生の思考」の中で、ブリコラージュ...


スポンサードリンク



この記事を書いた人:しんごパパミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。

トップへ戻る