ブリコラージュとエンジニアリング

レヴィ=ストロースの著書「野生の思考」の中で、ブリコラージュと、エンジニアリングという二つの思考方法が紹介されています。

これらの思考方法は、遊びの作り方や、おもちゃの作り方にも、共通していると私は考えます。

ブリコラージュとは

ブリコラージュの説明
野生の思考。その場にある寄せ集めの道具や素材を組み合わせ、必要な物を手作りします。

手作りをするので「ズレ」や「ゆらぎ」をはらみます。

作った物(構造)の一部を変化させたり、繰り返し作り変えることで、豊かな文化の世界が広まります。

ブリコラージュによる遊びの作り方

子ども達は、偶然その場にあった、素材(パーツ)を組み合わせて遊びを作ります。

それまであった遊びのルール(構造)の一部を変化させることで、新たな遊びを作ることも出来ます。

誰もが容易に遊びを作り出すことが出来るので、多様で豊かな、子どもの遊び文化が生まれてきました。

エンジニアリングとは

エンジニアリングの説明
科学的思考。初めに設計図(概念)を作ります。

その為の道具や材料を集め、設計図通りに完成させます。

同じものを大量生産したり、用途にピッタリと合った物を作るのに向いています。

設計図通りに作るので無駄がありません。

エンジニアリングによる遊びの作り方

エンジニアが遊びのプログラム(設計図)を作ります。

必要な道具や材料を用意し、設計図通りに遊びを作ります。

作られた遊びを子どもが遊びます。

設計図を元に同じ遊びを大量に作ったり、同じ遊びを多くの子どもに届けることが出来ます。

遊びを作りだすことが出来るのはエンジニアだけです。

まとめ

子ども達はブリコラージュによる思考の遊びが得意です。

何度も繰り返し遊び、時には遊びの構造を組み合わせたり変換して、新しい遊びを作ります。

大人たちはエンジニアリングによる思考の遊びが得意です。

経験や知識があるので、頭の中に遊びの設計図を作ることが出来ます。

遊びの設計図には、スタートとゴールがあるので無駄なことをしません。

効率よくゴールへの最短距離を目指すことができます。

【参考リンク】遊びの構造

遊びの構造
レディ=ストロースは著書「野生の思考」の中で、文化文化の成り...


スポンサードリンク



この記事を書いた人: しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る