現実の世界と想像の世界を重ねて遊ぶ

先日、ふじみっこプレーパークで、「戦いごっこ」に誘われて、仲間に入れてもらいました。

大人が想像した遊びの世界のイラスト

ダンボールで作った剣や鉄砲で戦う、勝ち負けのないごっこ遊びです。

戦いごっこの中にいる私は、現実の世界と、想像の世界のイメージを重ねて遊びます。

持っていたダンボールの武器は、カッコいいマシンガンになり、連射で弾が出ます。弾が当たると、土煙り上げて大爆発します。相手が撃ってきた弾を避けてかわすことも出来ます。

子どもが想像したであろう世界のイラスト

会話をしていて気付いたのですが、ある少年は「スプラトゥーン」というゲームの世界をイメージして、私と戦っていました。

同じ遊びの中にいても、それぞれが見えている世界は違う。

それぞれのイメージで遊んでいるので、ズレはありましたが、ごっこ遊びなので問題なく遊べました。

自分が見ている世界の価値観だけで決めつけて、

子どもが見ている世界を邪魔をしないようにしないとな。

と思いました。


スポンサードリンク



この記事を書いた人: しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。

トップへ戻る