オリジナルTシャツの作り方②シルクスクリーンを使ってTシャツをプリントする方法

Tシャツの作り方

Tシャツくん専用のシルクスクリーンを使った、オリジナルTシャツの作り方を紹介します。

必要な道具や道具の値段は下記のリンクをご覧ください。

オリジナルTシャツの作り方①Tシャツを自作する時のコストと価格
地域活動や、サークル活動をしていると、「お揃いのTシ...

Tシャツの版の作り方

パソコンでデザイン

パソコンのペイントソフトを使って、Tシャツの絵柄をデザインします。

色は黒色のみ使います。

OHPフィルム

A4サイズのOHPフィルムにパソコンで作ったデザインを印刷します。

OHPフィルムはパソコンショップに売っています。

インクジェットプリンタで印刷

デザインをOHPフィルム(透明のプラスチック板)に、家庭用のインクジェットプリンタで印刷します。

ライトを当てるボックス

シルクスクリーンより大きいサイズの箱を用意します。

カッターで箱を切ってライトを当てるボックスを作ります。

シルクスクリーン

Tシャツくん専用のシルクスクリーンを用意します。

Tシャツくん専用のシルクスクリーン

シルクスクリーンを一枚取り出します。

シルクスクリーンは光を当てると硬化するので、部屋を暗くして素早く作業します。

シルクスクリーンは薄いので、2枚重なっていることがあるので気をつけてください。

OHPフィルムを乗せる

シルクスクリーンの上にOHPフィルムを乗せます。

ボックスを乗せる

先ほど作ったボックスを乗せます。

ライトを乗せる

ボックスの上に水槽用のライトを乗せて光を当てます。

4分程で光の当たった部分だけ硬化します。

洗面所で洗う

洗面所にシルクスクリーンを持っていきます。

水で濡らしてから毛先の柔らかいハケで2、3回優しくなでます。

絵柄が浮き上がってきたら、ハケでなでながら水で洗い流すと、光の当たっていない絵の部分が剥がれ落ちます。

出来上がったTシャツの版を乾かします。

百円ショップのコルクボード

コルクボードの枠にシルクスクリーンを貼り付けます。

百円ショップのコルクボードの、コルクを抜き取って枠だけ使います。

シルクスクリーンとコルクボード

コルクボードの枠に、Tシャツの版のフィルムを重ねて、ホッチキスで止めます。

よれないようにピンと張ります。

絵柄が真ん中にくるようにします。

Tシャツのプリントの仕方

インクと

Tシャツの版を使ってTシャツにプリントをします。

Tシャツくん専用のインクとスキージ(ヘラ)を用意します。

下敷き

下敷き用に雑誌などを用意します。

Tシャツ

Tシャツの中に下敷き用の雑誌を入れます。

この時にプリントする位置を決めます。

Tシャツの版

Tシャツの上に、Tシャツの版を乗せます。

インクを乗せる

絵柄の上部にインクを乗せます。

スキージスライドを動かす

スキージを上部から下部に下げてプリントします。

スキージは斜めにして、押し付けるように動かします。

2回プリント

下部まで行ったら、もう一度上部に戻り、2回プリントします。

プリント完了

枠をゆっくりと持ち上げます。

乾燥させる

乾燥させてオリジナルTシャツの完成です。

コツとポイント

Tシャツカラー

パソコンのデザインは、無料のフリーソフト「GIMP」を使いました。

パソコンは使わず、A4の紙に絵を描いて、絵の上にOHPフィルムを置き、黒マジックで描き移してもいいです。

線は太いほうがいいです。

細い線や細かい図柄は初心者にはプリントしづらいです。

何回洗っても買ったTシャツと同じぐらいプリントは劣化しません。

関連リンク

オリジナルTシャツの作り方①Tシャツを自作する時のコストと価格
地域活動や、サークル活動をしていると、「お揃いのTシ...


スポンサードリンク



この記事を書いた人: しんごパパしんごパパ(松尾信悟)ミックスじゅーちゅ代表、NPO法人あさかプレーパークの会理事、NPO法人ふじみっこ・夢みらい理事。子ども達が豊かに遊べる環境をつくる活動をしています。最新情報をSNSで発信していますのでフォローして下さい。

トップへ戻る