私のイモがない問題 秋にやきいもイベントをする時のアイデア

しんごパパです。

IMG_4037_R

大勢でヤキイモを開催すると

各地でこんな声が聞かれます。

「このイモ誰のだ?」

「私のイモがなーい!」

「僕のイモを誰かが、もってった!」

IMG_3945_R

そう「私のイモ誰が持ってった問題」です。

自分の持ってきたイモは、自分で食べたいもです。

しかし、たき火に入れて焼いてしまうと

自分のイモと、

お友達のイモとの見分けがつきません。

IMG_3947_R

そこで、しんごパパは

各地のヤキイモイベントで

このような問題を解決するべく

個性的なイモの包み方を提案しています。

IMG_3951_R

上はハムスター。右下は恐竜。

IMG_4033_R

左からゾウ、カニ、アシカ。

IMG_4036_R

IMG_4052_R

焼き上がりはこんな感じ。

左上のノーマルなヤキイモと比べると

一目で、自分のイモだと見分けがつきますね。

おしまい。

フォローする

この記事を書いた人:しんごパパミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
トップへ戻る