綱引きのコツとポイントをイラストで解説

綱引きのイラスト

初心者向きの「綱引きのコツとポイント」をイラスト付きでまとめてみました。

運動会や体育祭の練習時にお役立て下さい。

綱引き一列に並ぶ

【綱引きの並び方】

背の高い人から順に並ぶ。
等間隔に並ぶ。
体は正面を向く。

綱引き正面から見たところ

【綱引きのフォーム】

足はハの字。
綱をしっかりと握る。
脇を閉める。
綱を脇に挟む。

%e7%b6%b1%e5%bc%95%e3%81%8d%e8%89%af%e3%81%84%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0-c

【綱の引き方】

後ろに倒れるようにして綱に体重を乗せる。
腕で綱を引くのではなく、体重を綱に乗せて体全体で引く。

%e7%b6%b1%e5%bc%95%e3%81%8d%e3%83%80%e3%83%a1%e3%81%aa%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0-c

【ダメなフォーム】

体が横向きで正面を向いていない。
腰が引けて背中が曲がっている。

%e7%b6%b1%e5%bc%95%e3%81%8d%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88-c

【コツとポイント】

顔が空を見上げると、自然に良いフォームとなります。リーダーは本番の時に「空見て」「顔上げて」と声掛けをしましょう。メガホンを用意すると良いです。

初心者のための綱引きのコツとポイント

【フリップを作ろう】

選手に説明する時に、言葉だけの説明では伝わりづらいです。自分の体でお手本を見せたり、このサイトのイラスト見せると良いです。

大事なポイントをまとめたPDFファイルを用意しました。

初心者のための綱引きのコツとポイント ダウンロード用PDF

ダウンロードしプリンターで印刷して、練習時やクラスに貼ってお使い下さい。

ラミネートしたところ

プリンターが無い方は、PDFファイルをUSBメモリーに記録して、セブンイレブンでA3カラーにカラープリントすると良いです。さらにラミネートすると、永久保存版として来年も使えます。

私たちも町内会対抗の運動会に向けて、正しいフォームを練習した事により、良い結果が得られました。

この方法を実践したからといって、必ず綱引きに勝てるとは限りません。張り切り過ぎて、怪我をしないように注意して下さい。

勝ち負けだけにこだわらず、楽しい運動会にして下さい。



この記事を書いた人: しんごパパ ミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。「すべての子どもたちが豊かに遊べる環境をつくる」活動をしています。フォローをして仲間になって下さい。

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る