何回繰り返す?「繰り返し遊び」にとことん付き合う

朝霞の森プレパークに遊びに行きました。泥団子を作っていたら、1歳半ぐらいの子がやってきて、一緒に遊んでくれました。

繰り返し遊びをする子供のイラスト

①私が泥団子を作る。
②その子が泥団子を手に取る。
③水溜りにポイっとすると、水がバシャッとなる。
④①へ戻る。

この「くり返し遊び」が始まり、何回まで続くのかと数えたら、連続で52回 繰り返して遊んでくれました。

楽しかった。

彼が作った、この遊びには「つかむ」「なげる」「あてる」の運動パーツが入っている。

くり返すことで、それらの運動をコントロールする力が育つだろう。

が、彼はそんな力を伸ばすことなど、これっぽっちも考えてやってはいない。

そんなのどうでもいいはず。

やってみたいからやるだけ。

満足し飽きたらやめるだけ〜。


スポンサードリンク



この記事を書いた人:しんごパパミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る