どんぐり屋さんごっこ

あさかプレーパークにて「どんぐり屋」という、どんぐりでおもちゃを作って売る、お店屋さんごっこをしてみました。

遊びに来た子どもを巻きこんで、どんぐりを材料に、コマ、人形、ブローチ、首飾り、パラシュートなどのおもちゃを作って売ります。

売ると言っても、お金では売らず、お菓子などとの物々交換。

今日の売り上げは、アメ玉、ラムネ、バナナ、パックのり、おでんでした。売り上げは、子どもスタッフと、しんごパパで山分け。

ちなみにおもちゃは買わないで、自分で作る事も出来ます。自分で作ったおもちゃは、持って帰れます。無料。

あさかプレーパークの会では「誰もが遊びの主人公」という理念で活動しています。

内容にもよりますが、大人が企画して、子どもも大人も遊ぶ事も、出来ます。

みんなでつくる遊び場です。

みなさんも、遊びを始めて、楽しんでみてはどうでしょう。

【次回に向けての感想など】
子ども達を巻きこんで遊ぶ事が出来た。
自分自身が遊びを楽しんだ。
子どもからのアイデアで、松ぼっくりでペンダントを作った。
お店の向きが悪かった。もっと目立つ人通りの多い方に、店頭を向ければ良かった。
子どもからのアイデアで、店頭販売に加え、出張販売も行った。これが大成功。売り上げが上がった。
販売好きの子。制作好きの子。やりたい仕事に向き不向きがあって面白かった。

1907897_10205328174314705_1303725675025848515_n-R

10382148_10205328173994697_3856355724616905802_n-R

10390471_10205328174434708_110971341148837214_n-R

10404093_10205328179794842_6013845184761140789_n-R

10610862_10205328174634713_7088653957928181448_n-R

フォローする

この記事を書いた人:しんごパパミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
トップへ戻る