私の焼き芋どこ行った問題2015

毎年、全国各地のプレーパークや、焼き芋をしている会場で起こる「私の焼き芋どこ行った問題」。

自分の持って来たサツマイモを、アルミホイルに包んで焚き火に入れると、焼けた時に他の人が持って来たサツマイモと見分けがつかなくなる問題です。

この問題を「遊び」と「アート」で解決しようと提唱しているのが「焼き芋アート」(しんごパパが勝手に言ってるだけ)。

サツマイモの素材の形を生かしつつ、アルミホイルで装飾して包んでいきます。

今年の富士見市ふじみっこプレーパークでの3作品を紹介。
ミッキーマウス(ハロウィンオバケ風)
カモノハシ
ペンギン

どの焼き芋も、他のサツマイモと区別が付き、無事回収する事に成功しました。

12191608_10207866648054962_4294916136224158776_n

12065594_10207866648134964_3918753035990626933_n

12190994_10207866648414971_4090766726076120423_n

12190994_10207866648534974_5338128808100762310_n

12193812_10207866648774980_6991945884262629169_n

12191054_10207866648814981_6046695426122499252_n

フォローする

この記事を書いた人:しんごパパミックスじゅーちゅ代表の しんごパパ(松尾信悟)です。子どもたちが豊かに遊べるように、環境をつくる活動をしています。
トップへ戻る